禿げた頭をフィンペシアで修復作業|生まれ変わるならプロペシア

原因物質を阻害する薄毛治療

雄性ホルモンテストステロンが酵素により変換させれ産生されるのが悪玉性ホルモンDHTであり、この産生が増えていく事により毛髪の生え変わり等の周期を乱してしまい、更には成長を抑えるシグナルを発する様になる事で髪一本の寿命を短縮してしまい毛髪が薄くなるや抜けてしまう等の脱毛症の症状を起こす様になり、進行型の症状なので上記原因物質の産生を抑制しない事には周期が乱れ続けるので直に頭皮が見える面積が拡大してしまいます。
そこで薄毛治療として用いられるのが国際的にも初とされるプロペシアとなりますが、これと同一成分を用い低価格で内服する事が出来るのがフィンペシアであり、薄毛治療に対して同様の効果を期待する事が出来るとされ、国内では未承認の医薬品とされますが個人での使用範囲であれば海外から輸入する事が可能とされている後発薬になります。
フィンペシアとは、印度の製薬会社が製造販売を行う後発薬であり、上述した様に同一成分を用いておりフィナステリドを1.0mgを含有されており、この成分が薄毛治療に対して有効性が高いとされ、国内外で多くの臨床試験が行われ発毛の効果が頭皮にみられる方は内服した方の七割以上の方に起こり、その仕組みとして上記記載のDHTの産生を促進する酵素である5α-リダクターゼを阻害する事が出来るとされ、原因物質が頭皮から減る事で髪の周期を整える事が出来ます。
プロペシアやフィンペシアの欠点として内服したからといって急に変化を起こす即効性を持つものでも無いので、継続的な内服を必要とし効き目が頭皮に現れるまでに少なくとも半年掛かり、最低でも一年間の投薬期間を必要としているだけに先発プロペシアは保険の適応も無いだけに後発薬が年間に掛かる費用を削減する事が出来るので容易に継続投与を可能にしてくれます。
経口内服による医薬品なので、副作用が起きる事があり約一割前後の方にリビドー減退や男性の方の機能低下を起こす事があり、EDとなる場合が有りますが、気にし過ぎる事で発症する事もあるので考え過ぎは禁物となります。